悪アガキ photograph

日常そして非日常を生きている。それを写真で証明していこう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

桜が咲く頃に

なつとは一度関係を持った。
逢うのはその日以来二年ぶりだ。

千鳥が淵の桜は今夜が満開で、ライトアップされた水面に映り込む桜達はとても幻想的だった。

連絡をとったのは深い意味は無かった。ただ、その身体を忘れられなかったのは事実だ。
もし可能ならもう一度抱きたかった。
多分僕にとって相性はとてもよかったと思う。
何回か身体を重ねて、互いが気持ちよいように身体が慣れていくのとは違い、一回だけのSEXは互いの本質が見える。
後ろで足を絡まれ、後にきちんと口で綺麗にしてくれた。
単純に嬉しかった気がする。

2年ぶりに逢う彼女は昔と少しも変わっておらず、フリーの翻訳家として生計を立て、暇を見つけては海外旅行に行っていた。
数年ぶりにあっても、そんな期間があったと思えないくらい、お互いナチャラルでいられる。
同姓ならきっと親友になっているとお互いが認めている。

関係を持ったとき、なつには同棲中の彼氏がいた。その彼とは一ヶ月前に別れたそうだ。
今は40過ぎの商社マンと不倫中。
海外のホテルと航空券を手配してくれ、海外でのデートも多いらしい。

なんだか、一時期のトレンディドラマのような話だが、それはそれでいろいろと悩みが多いみたいだ。
そんなことをしてしまえる男は、同じ男として、羨ましい環境ではある。また、そんなことが出来しまえる彼に嫉妬も感じる。

なつが言った。
「男は30を超えてから真価が問われるのよ。ますますいい男になってね!」
「いい男ね~。なつが思ういい男ってどんな?」
「私が個人的に思うのは、仕事をきっちりとこなして、でも仕事に呑まれない男。自分という核をしっかり持っている、みたいな」
「その条件を俺は少しは満たしているのかな?」
「あなた、そういうタイプよ。付け加えると、ちゃらちゃらしてて、女性的な雰囲気もっているんだけど、たまにすっごく男らしいこと言ったり、行動したりするのよ。そこに魅かれる子、多いとおもうわよ。」

(そんなもんなのかな。仕事はしっかりやってるし、そもそも仕事自体好きだし。でも呑まれてる。自分という核をもってはいたけど、最近は流されることの方が多い・・・。)

キスだけしてわかれたのは、俺のそんな内面を見透かされたからか。

また桜が咲くころ、逢いたいな。その頃、互いはそれぞれどんな状況にいるのだろ。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/10(火) 11:47:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<海の向こう | ホーム | やっぱカッコからよね>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sakusakugengen.blog9.fc2.com/tb.php/5-b88da396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

GEN

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。